内臓脂肪とは・性質やホルモンとの関係・蓄積すると?

MENU

内臓脂肪とは・性質やホルモンとの関係・蓄積すると?

 

内臓脂肪とは
近年、メタボリックシンドロームに代表される内臓脂肪の危険性や弊害が、多くのマスメディアを通して報告されています。
そもそも内臓脂肪とは、どのような役割や性質を持っているのでしょうか?

 

内臓脂肪を減らす方法としておすすめの漢方薬があります。

 

暴風雨通称さんは内臓脂肪の減少と食べた脂肪の吸収を抑えてくれます。

 

防風通聖散の評判はこちら

 

内臓脂肪の性質

内臓脂肪は、文字通り内臓付近につく脂肪のことで、胃や肝臓などのさまざまな内臓を固定する働きを持っています。
内臓脂肪があるおかげで、内臓の位置を正しく保ったり、不意な衝撃から大切な内臓を守るためのクッション代わりになるというメリットがあります。
ただ、内臓脂肪はつきすぎると糖尿病や高脂血症、動脈硬化や高脂血症などの様々な生活習慣病を引き起こす危険性があるので、注意が必要です。

 

男性と女性で比べるとホルモンの関係上、女性よりも男性の方が内臓脂肪が付きやすいと言えます。
男性は女性よりも筋肉が多い分、筋肉の熱源に当たる内臓脂肪がどうしても多くなる傾向があります。
特に、不規則な生活リズムの人や運動をしなくなってしまった人、ダイエットをやめてリバウンドをしてしまった人は、内臓脂肪がつきやすい傾向にあるので、注意が必要です。
また、内臓脂肪が溜まる原因となる高カロリー・高コレステロールの食事のとり過ぎや食べ過ぎは、内臓脂肪を不必要に溜めてしまう原因となってしまうので、暴食には普段から気を付けておくのが内臓脂肪を溜めすぎないために重要だと言えます。

 

 

 

 

内臓脂肪が蓄積するとメタボリックシンドロームと呼ばれ、様々な病気を引き起こしてしまいます。

 

内臓脂肪肥満症をはじめ、糖尿病や高脂血症、高血圧など、これらは生活習慣病と呼ばれます。

 

生活習慣病と呼ばれるくらいですから、生活習慣の乱れが主な原因です。
まずは内臓脂肪の解消から、生活習慣病の予防をしましょう。
高血圧」、「糖尿病」、「高脂血症」などがあります。

 

内臓脂肪型肥満は危険

病気の原因メタボリックシンドロームは高血圧や糖尿病、高脂血症などの原因となり、さらに動脈硬化の危険性が高い状態です。

 

内臓脂肪型肥満とは、内臓のまわりに脂肪がについた肥満です。皮下脂肪型の肥満に比べて、心筋梗塞や脳卒中の危険性が高い状態であると言えます。

 

脂肪細胞はインスリンを効きにくくしてしまいます。インスリンは血糖値を一定に保つ働きをするホルモンですが、これが効きにくくなると血糖値が高くなります。すると糖尿病をはじめとする様々な以上をいき起こします。

 

さらに、動脈硬化、そして心筋梗塞まで発展してしまう危険性を含んでいるのです。

 

炭水化物を減らす
脂肪が付いてしまう原因の中でも大きいのが、炭水化物の摂りすぎです。

 

炭水化物とは糖質のこと。甘いお菓子などに含まれている砂糖はもちろんのこと、ご飯やパンにも多く含まれますし、野菜では特に根菜に多く含まれています。

 

これらの炭水化物を摂らない、炭水化物抜きダイエットという方法があります。しかしこれはお奨めできません。確かに炭水化物は脂肪が付く大きな要因ではありますし、炭水化物を抜くことで簡単にダイエットをすることができますが、炭水化物を抜くという行為はリスクが大きすぎるのです。

 

まず、炭水化物は脳のエネルギーですので、炭水化物を抜くと頭が働きませんし、酷い場合は脳に障害が起こります。

 

炭水化物抜きダイエットの危険性

 

炭水化物抜きダイエットをを続けると体のいろんなところに変調をきたし、いずれはやめざるを得なくなります。

 

手っ取り早く痩せたいからといって、炭水化物抜きダイエットのような間違ったダイエット方法には手を出さないようにしましょう。

 

 

内臓脂肪ダイエット
最近、内臓脂肪を落とすことを中心に考えた内臓脂肪ダイエットが注目されております。
内臓脂肪は蓄えすぎると、高脂血症や糖尿病、高血圧症や動脈硬化を招く恐れがあるので、健康の面で考えても効果的なダイエットだと言えます。

 

有酸素運動
内臓脂肪ダイエットの成功を握るカギとして重要なのが、有酸素運動です。
内臓脂肪を含めた脂肪は、腹筋や腕立て伏せなどの筋肉トレーニングに代表される激しい運動(無酸素運動)では、落ちにくい傾向があります。
エアロビやウォーキングなどの酸素を使いながら長時間行う運動は、脂肪分を燃やしやすいので、内臓脂肪を落とす上で効果的だと言えます。

 

何故、無酸素運動では内臓脂肪を落としにくいのかというと、脂肪が燃えるメカニズムが運動開始から10分以上経過しないと効果を発揮しないという特徴があるからです。
また、脂肪が燃焼するメカニズムが、血液中に流れる脂肪分が酸素と結合することで燃焼する仕組みなので、運動の激しさよりも運動時間の長さの方が、体脂肪を燃やす上で重要です。

 

内臓脂肪ダイエットを行う場合は、ゆっくりと自分のペースで深呼吸をしながら、まとまった時間運動を行うのが、体内に蓄積された内臓脂肪を燃やすのに効果的だと言えます。

 

 

ストレッチ
内臓脂肪を減らすのには、やはり有酸素運動が一番効果的です。
しかし、仕事が忙しくまとまった時間が取れない方や体を動かすのが苦手な方、体力的に衰えが出てきた方には、長時間の有酸素運動を継続するのは、よほどな運動好きでないと難しいのが現状です。

 

そこで、内臓脂肪を落とすのに効果的で、毎日続けやすいストレッチをおススメします。
ストレッチは、筋肉トレーニングで起こる筋肉痛や急なジョギングなどで見られる膝の痛みなどが起きないリスクの少ない運動だと言えます。

 

ストレッチで血流改善
お風呂上りや通勤後などの血流が良くなった後に行えば、全身の血流をさらに良くすることができ、内臓脂肪を含めた全身の脂肪を燃やすのに効果的です。
さらに、有酸素運動を取り入れている方にも、ウォーミングアップやクールダウンにストレッチを行うと、怪我の防止や疲労度の改善、脂肪燃焼アップなどの様々なメリットが見込めます。

 

健康面で見ても、ストレッチを定期的に行うことで、全身の血流を改善することができ、筋肉の張りやコリの改善も見込めます。
ストレッチは日頃の生活習慣を改善するのに、打ってつけの運動と言えるので、毎日無理のない範囲で継続すると、内臓脂肪の付きにくい体質を目指すことができます。

 

 

 

有酸素運動

内臓脂肪を上手に落とすコツとして、第一にウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うのが重要です。

 

内臓脂肪に代表される体脂肪は、血中を流れる酸素の結合とともに燃焼されるので、呼吸数の増えるウォーキングやジョギング、自転車などの有酸素運動が、体脂肪を燃やす上で効果的だと言えます。

 

次に、有酸素運動を30分以上続けることが、内臓脂肪を燃焼させる上で重要です。
体脂肪が本格的に燃焼され始めるのは、20分後くらいからなので最低でも30分〜1時間は続けられる運動を行うのが、内臓脂肪を落とす上で大切です。
例えば、ストレッチを含めた軽いウォームアップを行った後に、ジョギングやサイクリングを行い、クールダウンを兼ねたウォーキングとストレッチを運動後に行うようにすると、怪我の予防にも繋がり効果的です。
30分以上経過した状態で、運動を続けると普段よりも遥かに効率的に脂肪が燃えやすい状態になっているので、有酸素運動を行うときはなるべく長い時間行うのが大切です。

 

永続的に体内に蓄えられる
内臓脂肪は普段の食事とともに、永続的に体内に蓄えられていくものなので、有酸素運動を行う場合は、週に2〜3日は有酸素運動を行うよう心がけるのが効率的です。
体を動かすのが億劫な人や運動が苦手な人は、買い物や通勤などの普段の生活に密着した生活リズムに合わせて、歩く時間を増やすよう心がけるだけでも十分な内臓脂肪を落とす効果が見込めます。

 

 

 

 

筋肉トレーニング
体内で不必要に溜まってしまった内臓脂肪を減らすには、ジョギングやサイクリングなどの長時間行う有酸素運動が一番効果的です。

 

筋肉トレーニングで基礎代謝を上げる

腹筋などの筋トレは、短期的に内臓脂肪を燃やすのには適しておりませんが、長期的な視野で見ると内臓脂肪を減らすのと付きにくくするのに効果的な運動療法です。

 

何故、筋肉トレーニングを行うと内臓脂肪を減らすのに効果的かと言うと、筋肉量は多ければ多いほど維持するのに、多くのエネルギーが必要となり、結果的に不必要な脂肪を多く燃やせる効果が見込めます。
同じ時間の有酸素トレーニングを行ったとしても、筋肉量が少ない人の方が脂肪を効率的に燃焼させることができず、内臓脂肪を減らす効果も減少してしまいます。
有酸素運動で内臓脂肪を減らそうと心がけている方は、合わせて無理のない筋肉トレーニングを取り入れることをおススメします。

 

忙しくても出来る
筋肉トレーニングは週に2〜3日行っただけでも、十分な効果が見込めるので、仕事が忙しいサラリーマンの方でも行えるのが魅力です。
内臓脂肪を減らすことを中心に筋肉トレーニングを行う場合は、筋肉の量が多い太ももや背中、胸やお腹の筋肉を鍛えると効果的です。
特に、太ももは体の全体で見ても大きな筋肉なので、スクワットを定期的に行うだけでも十分な内臓脂肪を減らす効果が見込めます。

 

 

 

食事
内臓脂肪を落とす上で、有酸素運動に代表される運動療法は必要不可欠な存在だと言えますが、脂肪を蓄えるのと密接な関係がある食事も見逃してはいけない存在です。

 

普段からどうしても食べてしまいがちな揚げ物や肉料理、ケーキなどの甘いものやおやつなどは、必要以上のカロリーを摂取してしまい、不必要な内臓脂肪の蓄積に繋がってしまいます。
内臓脂肪を蓄え過ぎないように、日頃の食生活を見直すのが大切です。

 

バランス良い食事
まず、バランスの良い食生活を心がけるのが大切です。
偏食や食わず嫌いなどは内臓脂肪を蓄えやすくなってしまうので、ビタミンやミネラルを豊富に含む野菜や果物などを普段の食事に組み合わせるのが重要です。
ビタミンやミネラルは、三大栄養素の糖分・たんぱく質・脂質の吸収効率を上げ、体調を整える働きがあります。

 

就寝前は高カロリーを避ける
次に、寝る前に高カロリーな食事を摂らないよう心がけるのが大切です。
寝る前に食事をすると、体を動かすエネルギー源としてではなく、そのまま体内に脂肪という形で蓄積されてしまうので、注意が必要です。
高カロリーな食事を摂取する場合は、活動時間の長い1食目や2食目に摂取するのが、内臓脂肪を蓄えないようにする上で重要です。
どうしてもお腹がすいて眠れないときは、こんにゃくなどのカロリーが低い食べ物や果物を食べるようにして、食後2時間以降に眠るように心がけるのが、内臓脂肪を蓄えない上で重要です。

 

 

 

 

内臓脂肪を減らす食べ物

内臓脂肪は食べ過ぎや運動不足などの生活習慣の悪化が続くと、どんどん体内に蓄積され続けてしまいます。
特に、普段の食事では揚げ物や肉料理などの高カロリー・高コレステロールの食べ物を食べる機会が多く、知らず知らずのうちに内臓脂肪は溜まっていってしまいます。
大切なのは、普段の何気ない食事に内臓脂肪を減らす働きのある食べ物を組み合わせるのが重要です。

 


タラやカレイなどの白身魚やサンマやアジなどの青魚をおススメします。
特に、イワシなどの青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸(EPA・DHA)は、体内に必要な油分で摂取することによって、内臓脂肪などの脂を溶かす働きがあります。

 

ポリフェノールやカフェイン
ウーロン茶や緑茶、コーヒーなどの飲み物を組み合わせることをおススメします。
緑茶に含まれているカテキンやウーロン茶に含まれているポリフェノール、コーヒーに含まれているカフェインは、いずれも食事に含まれる脂肪分の体内吸収を抑える効果があるのでおススメです。

 

お酢
普段の食事に酢を組み合わせることをおススメします。
酢の効果は、臨床実験により巣に含まれる酢酸という成分が、脂質の合成を抑制する効果と脂肪の燃焼を促進する両方の効果があることが実証されており、手軽に摂れるという観点から考えてもおススメの調味料だと言えます。